酵素はどんな役割をするのか

酵素の役割をもう少し詳しくご説明しましょう。
酵素は蛋白質で生成されている栄養素で、人間のあらゆる生命活動に関わっています。私たちの体内には約2400種類もの酵素が存在しており、体内の各器官を正常に機能させるために働いています。大きく分けると体内酵素と食物酵素に分類することができます。
体内酵素は毎日体内で生産されていて、さらに代謝酵素と消化酵素の二種類に分類することができます。消化酵素は食べ物の消化活動を担う酵素。代謝酵素は体の新陳代謝を促進し、細胞へ栄養を送ったり、解毒や自然治癒、免疫力など担い、消化した栄養を吸収してエネルギーに変換したり、心臓や肺などの体内各器官の機能を正常に機能させるために必要な酵素です。
ところが、何らかの原因によって消化酵素がたくさん生産されると、逆に代謝酵素が不足してしまい、脂肪が正常に燃焼されなくなってしまうのです。つまり、脂肪が増えて太ってしまいます。
こんな状態になって、体内で酵素が生産されないなら、体外から摂取しようというのが酵素ダイエットです。酵素の仕組みを上手く利用した酵素ダイエットは、続ければ続けるほど脂肪を燃やしやすい太りにくい体質になれるということです。